スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:スポンサー広告  

今度こそコメディ書きますよ
二度目の更新はいつも通りレビューです。
ちなみに、次は多分コメディもの書きます。一応『コメディ中心』の看板を掲げている以上は何とかして書きたいものです。書く事自体は大好きですしね……。
まあ、ネタが見つからない事には……頑張って探します。


では、本日のレビューいきます。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:76
タイトル:永遠亭にはよくあること
作者:毛玉おにぎり氏
URL:こちら

あらすじ:カリカリカリカリ。うどんげの前歯だって伸びるさ、ウサギだもの。カリカリカリカリ。

ある意味ウサギの宿命と言えるお話です。
師匠の苦労人っぷりが涙を誘います。あんな環境じゃ突然笑い出したくもなる。幸あれ。
一心不乱にかじったり、スタンピングしてみるうどんが妙に可愛いです。ですが、人参味の歯磨き粉はどうかと思うんだ。
時折混ざる細かいネタ・パロネタも鋭く、終始何とも言えぬ面白さに包まれながら読める作品です。
真のオチは後書きに待っています。あの人には全てバレていたと言うのか……ッ!
スポンサーサイト
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

操りドールが破れない
そんなノーマルシューターの悲哀。


というわけで、新作『人形は笑わない?』、如何でしょうか。
とある二次創作作品の上海がとても可愛くて、今度は人形を題材にして書きたいなぁ……と思いまして、その結果生まれた作品です。
人形やぬいぐるみが動き出す、ってファンタジーではお馴染みかもしれませんし、東方でも人形師がいますから当たり前みたいな感じがします。
ですが、だからこそ『人形は動かない』という事を強調して書いてみたかったという妙なこだわりがありました。
何やら自分の作品にしてはとてつもない勢いで評価を頂いているので何だか夢を見ているみたいです。皆様有難う御座います。
少し現実なのか疑わしくなってきましたので、作中の大ちゃんに倣って手の甲を思いっきり抓ってみました。超痛い。
ちなみにタイトルは、自分の大好きな某探偵小説をオマージュというか何というか。今読んでも面白い。


それから、名無しちゃんSSの裏話ものっけました。
さらに、SS掲載ページに『MAIN CAST』の項を追加してみました。要するに主要登場人物です。
一番左のキャラクターが主役と考えて頂いて差し支えないかと。主役が複数いるやつもありますけど。
最初は、『創想話』で作品につけるタグをそのまま掲載しようかと思っていたのですが、やたら見辛くなったので人物だけにしました。
何かご意見などありましたら遠慮なくどうぞ。


この後もう一度更新致します。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

新作できました
こんな夜遅くに失礼。
明日一日出かけますので、明日は恐らくブログの更新が出来ません。
また、その準備の関係で忙しかったので、本日(正確には昨日)と明日(本日)のレビューはお休みとさせて頂きます。
申し訳御座いません。


その代わり……では無いのですが、新作が完成致しましたので、『創想話』の方に投稿させて頂きました。
もし宜しかったら、読んで頂けると嬉しいです。ではまた。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:雑記   こめんと:0 とらば:0

駆け足レビューいきます
明日は少し早いので、早く寝る為にそそくさとレビューいきますぜ。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:80
タイトル:寺子屋の校歌ができました
作者:しぇとらんど氏
URL:こちら

あらすじ:減ってしまった生徒数を増やす為、慧音はミスティアに寺子屋校歌の制作を頼んだが……。

一見のんびりした内容の作品ですが、乱入してきた魔理沙の作った校歌が酷すぎます。いい意味で。
ミスティアは真面目に作ってるのに、このノーマル魔法使いときたらもう。
とにかく魔理沙の校歌のインパクトが滅茶苦茶強いです。ルート3なのに1から始まるってどういうことなのさ。
で、何だかんだでいつの間にか解決する問題、骨折り損の一同。それもまたよし。いやよくない。
ちょっとおかしな慧音先生が見たい方、シュールな気分に浸りたい方に。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

ケロちゃんネタ被りにも負けず
本日二度目の更新ッ!と言っても連続だけどね!
タイトルに深い意味は無いのです。何となく思いついたフレーズをすぐ書き出す悪い癖です。
頑張るのは自分です。頑張ります。負けねー!
と、気合を入れ直した所で本日のレビュー。今回の作品はこちら。


作品集:79
タイトル:天才八意の名言
作者:神々も見捨てた妄想狂氏
URL:こちら

あらすじ:永琳がスランプらしい。果たしてその理由は!そして診療所はどーなる!?

短いながらもすっきりまとまったコメディ+ほのぼの系作品です。
心の中でゆるくツッコむ鈴仙と、大真面目にボケ発言をかます永琳が見ていてうっひょう。
そして最大のインパクトは我らが神奈子様。何と素晴らし……いや、けしからん代物を。
なお、コメント欄も是非ご覧になる事をお薦めいたします。紳士達の社交場になっております故。
あたたかな読後感とは裏腹の、間違ったベクトルに向けられた白熱の議論をお楽しみ下さいませ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

ネタ被りひゃっほぉぉぉぉぉ!!!!orz
タイトルはアレですが、決して暑さでおかしくなったとか家が核の炎に包まれたとかそんなんじゃないんでご安心をば。


ええっと、創想話最新作品集(84)に『さもしくない。』という作品が御座います。作者は宵闇むつき氏。
魔理沙と蓬莱人形の交流を描いた、心温まる素敵な作品です。
で、何故突然レビューでもないのにそんな話か、と言いますと……は~い、当記事のタイトルちゅうも~く。



そう、自分が現在必死こいて書いている作品も、人形が題材なんですorz



そこまで被っている、と言うわけでもないのですが(自分は上海人形ですし、他にも相違点は結構あります)、何だか似ているような気がしまする。
そしてクオリティーはあちらが完全に上 いやはや、どうしましょう。
このまま書き上げて投稿するつもりではありますが、パクリとか言われないか心配してしまう自分は臆病過ぎでしょうか……。


ええい、言ってる間にとっとと書き上げんかい!!
―――なんてお言葉をかけられてしまいそうなので、とりあえず自分の作品をしっかり書き上げる事に致します。
今回取り上げた作品も、その内レビューしますよ。素敵なお話ですので、是非読んでみて下さい。


で、この後レビューします。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

長年の夢の一つが叶いました
タイトルは何の事かと言いますと、今日、生まれて初めて”アイスクリームの天麩羅”を食べました。
ええ、長年の夢でしたともw
衣はサクサクしているのに、中は冷たくてとろけるような……いやはや、美味しかったです。
誰が考えたんでしょうね、これ。一見ありえないようで美味しい物ってそうありませんから、さぞ日本の料理界を激震させたんだろうなぁと。
対抗して何か考えてみよう。ジャム入り餃子。うん、だめだ。
日本の料理界が驚きじゃなくて怒りで震えてしまう。餃子なめんな~、って。


自分の料理的ボキャブラリの無さに絶望した所で、本日もレビュります。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:77
タイトル:たまには早起きするのもいいんじゃない?
作者:ちゃろ氏
URL:こちら

あらすじ:ちょっと早起きしたフランドール。いつもより少しだけ早く始まった、彼女の一日。

紅魔館の日常を、フランドールの視点から描きます。
一貫してほのぼのした雰囲気が漂い、もう和みまくり。可愛いなぁもう。
住人の皆さんも皆優しくてステキです。まさに”家族”って感じがしますな。
温かい紅魔館が見たい方や、癒されたい貴方に。
最後にこっそりついたオチにも注目です。ほのぼのしてた所にアナタという人は……。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

予報は晴れなのに……
天気予報は晴れだったのに大雨に見舞われて散々でした。
まあ適当に屋内で時間を潰していたら止んだので良かったですが……あれですか、予報士は石原義純ですか(失礼)。
折り畳み傘、持たんとなぁ。


では、本日もレビューいってみましょう。
今回ご紹介する作品は、暑い日にピッタリなコチラ。


作品集:78
タイトル:三万六千米
作者:蛸擬氏
URL:こちら

あらすじ:泳いで、休んで、きゅうりをかじって。土着神と河童の、ある夏のひとコマ。

くぅっ、なんて涼しげな小説なんだっ!
川で泳いだりとか、きゅうりを食べてみたりとか、そんな二人の一つ一つの動作から、まるで暑い夏の木陰のような、そこはかとない涼しさが伝わってきます。
必死に威厳を出そうとしてあっさり諦める諏訪子様。そんなアナタも素敵です。
川辺でのんびりしながらの二人の会話が、とっても仲良さげというか微笑ましいというか。
以前ご紹介した『まあるさんかくしかく』では”人間”と”妖怪”でしたが、こちらでは”妖怪”と”神様”の、とっても素敵な関係を見る事が出来ました。
読み終えた後、あなたはきっときゅうりが食べたくな~る。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

こんな時代だからこそ
お疲れ現代人が多いこんな時代こそ、コメディですよコメディ。
というわけで早速レビュります!今回のお話はコチラ。


作品集:73
タイトル:東方妖夢
作者:ひがびと氏
URL:こちら

あらすじ:博麗アミュレットで『東方妖々夢』の『々』を破壊しちゃったれいむさん。さあ大変だ。

来ました、腹筋耐久系の暴走コメディです。
最初から最後までネタ、ネタ、ネタ。初っ端からかっとばしていきます。
全部のネタが分かる方はどれほどいらっしゃるのか。
みょんのみょみょんな所がお好きな方だけでなく、壊れ系、暴走コメディが大丈夫な方全てにオススメ致します。
最初のはやn……早苗さんや黒幕さんと霊夢の会話を読んで、面白い、大丈夫そうならそのまま一気にどうぞ。
それにしても妖夢は愛されてるなぁ。この作品には出ないけど。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

ちょっと疲れてます
すみません、私生活の方で今日は色々疲れて、今まで死んでいたので更新が遅くなりましたw
三日連続で日付が変わってからの更新……くそう。
何とか戻していきたいですが、これから忙しくなりそうなので何ともはや。


では、そそくさとレビューいきます。
今回ご紹介する作品はコチラでやんす。


作品集:80
タイトル:相手がいないなら本棚と喋ればいいじゃない
作者:あるふぁ氏
URL:こちら

あらすじ:『動かない大図書館』の貴重な体験。会話自体がご無沙汰なのに、本棚と会話しました。

パチュリーのリアクションが面白いお話です。
脛打って悶絶するさまが本人には悪いけど可愛い。
読み進めてくとまあ本棚が喋る理由とか色々分かるわけですが、それは是非読んで確かめて下され。
最後らへん、ちょっといい話っぽくなるか……と思ったらお嬢様が華麗にクラッシュして下さいます。
基本は軽妙なコメディ路線、間にちょっと真面目なお話。最後はカオス。何とも不思議なお話でした。
会話って大事ですよね。皆さんもっと喋りましょう。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

間に合ってねえ!!(昨日の記事が)
33秒遅れで翌日にもつれ込んでますね。
さらに本日の更新も既に日付が変わってていやはや。


まあ、そんな切なさにも負けずに本日もレビューいきます。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:72
タイトル:ツッコみ浪漫飛行
作者:すなふきん氏
URL:こちら

あらすじ:四季映姫・ヤマザナドゥは、ツッコむ事に疲れていた。もう嫌この彼岸。

とにかく勢いで突っ走るコメディものです。
結構ボリュームのあるお話ですが、お話の趣旨通り随所に突っ込み所が待ち構えます。
比喩表現が一々面白い。ちょっと本文から抜粋しますと、

>『炭水化物が消化器官のなかでやたらと重苦しいメヌエットを奏でる』

>『孤立無援で奮闘していたところに、やっと届いた兵糧が全てハッピーターンだった、そんな兵士たちの気分だ。』

とか。こういうノリについて行けるのであればオススメです。突っ込みの素敵さが分かります。
人によっては若干文章が重く感じてしまう場合もあると思いますので、一度このテンションにノッたらそのまま最後まで一気に笑いながら読み進めませう。
勢いで一気に突き進む、それが本作品の正しい楽しみ方ですきっと。


最近、ブログ拍手を時々頂くようになりました。
コメントはなくとも、自分のレビューを読んで下さっている方がいらっしゃるんだなぁ、と非常に嬉しくなります。
同じ方が入れて下さっているのかは分かりませんが、いつも有難う御座います。
これからも頑張って続けますので、宜しかったら参考にして下さい。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

らでぃかるぐっどすぴぃど
今日中になんとか更新したい!
ので駆け足でレビューいきます。本日はコチラ。


作品集:72
タイトル:おさいほ ちるの
作者:もさもさもさもさ氏
URL:こちら

あらすじ:『東方児童文庫』第一作。ちるのちゃん、はじめてのおさいほう。

コメディとほのぼのとシュールの融合。あくまで児童文庫なので文体はやさしめです。
霊夢が読んでる雑誌とか、チルノの登場シーンなど、突っ込み所は多め。
それでも、文体のおかげでどこかまったりした気持ちにさせられます。
若干漢字変換が不安定な部分はありますが、読む分には特に差し支え無いかと。むしろ、それも味。
短い時間でちょっと笑いつつのんびり気分になれる、そんな作品です。個人的にイチオシ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

さー書くぞー……と言えればいいのですが
現実には中々難しい。一応、いくつか次に書くお話の候補は自分の中で挙がりました。
ですが、その中で一番『書きたいな~』と思ったお話は、メインキャラがまたしても大ちゃん。
どんだけ名無しが好きやねん、わし。
まいっか、自己紹介にも名無し大好きって書いてるし。


さてと、今回もレビューしますよ。
今回ご紹介するお話はコチラ。


作品集:75
タイトル:まあるさんかくしかく
作者:藤村流氏
URL:こちら

あらすじ:川岸。ふと気付くと、にとりの目の前に人間の女の子がいた。

人間との付き合いに慣れていないにとりの初々しさが何とも可愛らしいお話です。
何とかして歩み寄るにとりと、幼子らしい率直で素直な物言いをする女の子の会話が非常に和みます。
その後現れた人物との会話からも、妖怪と人間という違う立場にありながらも心の通った温かさを感じました。
川のせせらぎが聞こえてきそうな、美しく、とても絵になる光景。それらが脳裏に浮かぶ情景描写もお見事。
『人間』と『妖怪』の、とても素敵な関係がここにあります。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

とても参考になります
他の方の作品を読むのは、面白い以外にも色々と参考になる部分があって非常に有意義ですね。
ネタをパクるのは言語道断ですが、表現の仕方や上手なお話の運びなど、まだまだ未熟な自分にとっては素晴らしい教科書になり得ます。
自分もいつか、そんな面白いお話が書けたらなぁ、なんて思いつつ、さらに素敵なお話を探す日々。


さて、本日もレビューいってみましょう。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:78
タイトル:Core2Duo
作者:デン氏
URL:こちら

あらすじ:霖之助がある日見つけた、パソコンのCPUに関する外の雑誌記事。それを見た彼は、何かに応用出来ないかと画策するが……。

えっと、とにかく……

オ チ が す べ て

です。凄まじい衝撃でした。ああ、そっちの……という。笑ったなぁ、いやはや。
序盤の雰囲気からすると、霖之助の考察に基づいた実験モノといった感じですが……とりあえず読んでみて下さい。
オチの意味が分かるかどうかでも多少評価が分かれそうではありますが、前半の霖之助の語りや考察部分だけでも読む価値はあります。いかにも彼らしい。
あれ、オチがすべてと書いたのに……スマン、ありゃウソだった。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

アイディアが浮かばんorz
ほのぼの(と言っていいのか?)な感じのお話を連続で書いたので、次はコメディを……と思ったのですが、ネタが浮かびませんorz
雛書きたい、とか少し前に書いた気もしますが、雛でコメディは前に一度やってるのでもう少し期間を空けないとなぁ……と思ったりするワケでして。
再び姫様のお力を……ってのはちょっと。前回のコメディが姫様モノだし。
どんなお話にしよう以前に、誰で書こう……という状況です。
このまま何も書かないままズルズル時が経つのはアレなので、いっそネタが浮かぶまでコメディは保留にしてまた普通のお話を書くか……?
ぬ~ん、どうしよう。創作意欲があっても実行に移せないのは中々辛いものがありますね。


何か『このキャラで書いてくれ!』って感じのご要望がもし御座いましたら、コメントとかで頂けると本当に助かります。ぎぶみーキッカケ。
頑張ってネタ出すぞ~。コメディでも普通のお話でも。


この後レビューの為もう一度更新します。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

先生メインのお話って書いた事無いな……
と、ふと思いましたネコロビヤオキですこんばんは。
けーね先生のコトです。永夜抄でも1,2を争うほど好きなキャラなんですが、未だ脇役に甘んじているのが何ともはや。
しかも、一時期メイド服着たりちょっとおかしくなってたり……(過去作参照)ああもうホントにごめんなさい。
自分の作品でマトモな慧音先生が見たい方は『ムービースター』か『ホワイトロック』をどうぞ。


さて、この流れなのでご紹介する作品もけーね先生に関するものを。
今回の作品はコチラです。


作品集:77
タイトル:最後にキレたのは慧音だった
作者:ほたるゆき氏
URL:こちら

あらすじ:外の世界の言語を教える為、授業にラジオを持ち出した慧音だったが……。

オチで『それかっ!!』と言いたくなること間違い無し。
ネタバレになるのであまり多くは語れませんが、読み進める内に『コレは、ひょっとして……』と感づく方もいらっしゃるのではないでしょうか。
散々苦悩しといてそのオチじゃキレたくもなるよねぇ。彼女の心中は察するに余りあります。
ネタバレにならない部分では、興味津々な子供達と見守る先生、といった授業風景が何だかとっても微笑ましいです。
それにしても、ぶっ叩いて機械を直すという方法は幻想郷でも同じなんですなぁ、と一人感心。
あとがきまでしっかり笑わせてくれる、短いながら中身の詰まったとても面白い作品です。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

くるくるしたいです
何だか唐突に雛が書きたくなりました。自分でもよく分からないのですが。
次か、その次あたりが高確率で雛SSになりそうです。くるくる。
そうそう、新作の名無しちゃんSS。早速沢山の方に読んで頂けたようで本当に嬉しいです。
どうも有難う御座います。次も頑張って書くよ!


さて、今回のレビューはせっかく雛が書きたくなったのでそんなSSを。
自分が創想話を知って、かなり初期の頃に読んだ作品です。コチラ~。


作品集:66
タイトル:厄るんです
作者:みやこのにしき氏
URL:こちら

あらすじ:朝起きたら、厄が綺麗さっぱり消えてました。

程よい脱力感が素敵な雛主役の作品です。
気持ちの切り替えが早い魔理沙に結構笑わされますw
縁側での掛け合いを始めとする、何気ない会話に漂ったのんびりさ加減がとてつもない程の和みパワーを生み出します。
厄だ厄だと言っておきながらこの平和さは何なんだろう。髪を梳いてもらう雛が可愛いぞ~。
まるで陽だまりの中で寝転がるような心地よさと温かさがあります。オススメです。
自分はこれを読んで、雛がさらに好きになりました。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

名無しちゃんスキー
新作・『名無し達の紅魔館三日間戦争』が完成致しました。
『東方創想話』への投稿及びサイトへの掲載が完了致しましたのでご報告。


いやはや、やっぱ名無しちゃん達は書いてて楽しいなぁと。
改めて大妖精・小悪魔のコンビが自分は好きなんだな~と実感しました。
ただ、大ちゃんもこぁも書いていると段々キャラが似通ってきてしまった事に少し慌てたり。
なるべく意識してキャラを変えてみたつもり……なんですが、しゃべくりとかが同じなのであまり違いが分からないかもしれませんorz
この二人はこれからもかなりの頻度で書くと思いますので、これから段々キャラを固めていけたら。特に小悪魔ね。
そんでもって、今回の作品はかなり長いです。驚異の66kb
単体作品では、過去作『Merlin Wind Orchestra』の57kbを押しのけて最長の称号を得てしまいました。前後編アリならもっと長いのあるんですけどw
今回は『ほぼ文章を削らない』という事を念頭に置き、前半~中盤ののんびりとしたお掃除シーンなんかもかなり力を入れて書いたのでやたら長く……。
書いてる身としては楽しいのですが、読者様からしたら読み辛いかなぁやっぱ。
『質を下げずに軽量化』が今後の課題となりそうです。
この作品についての詳しいお話は、今後書くであろう裏話にて。


ちなみに、一緒に夏休みSSの裏話ものっけました。お暇な時にでも。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

日付またいだーorz
凄く眠いですorz
まあ、今まで名無しちゃんSSの推敲作業を行っていたからなんですが。
これ書いている時点で既に『創想話』への投稿は完了しているのですが、それはまた明日(正確には今日)の更新で……。


今日も今日とてレビューいきます。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:72
タイトル:彼女は笑う
作者:小宵氏
URL:こちら

あらすじ:メルランは悩んだ―――『私は何故、笑うの?』

騒霊として生き、『躁』の音色を持つメルランがふと抱えた悩み。
表情って、感情って、何だろう―――なんて、ちょっと難しい事を考えさせられてしまいます。
若干改行不足で読み辛く感じてしまった部分はありますが、個人的には全く気になりません。
無縁塚での、末妹・レイラとメルランの語らいにじわりと来ます。本当に仲が良かったんだなぁ、なんて。
三姉妹それぞれの音色にそれぞれの意味と想いが込められているという、当たり前のようでとっても素敵な事に気付かされました。
答えなんて、いつだって単純明快なものなのです。細かい事なんて気にしない!
メルランは笑ってこそ、です。



最後にコメント返しいきますよ。

>>天神門李槻様
了解致しました、バナー変更させて頂きました。
念のためご確認下さいませ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

一日一レビュー……出来たらいいなぁ
一日一回とまではいかずとも、なるべく高い頻度でレビューしていけたらいいなぁと思います。
投稿ペース自体は一日に複数ですし、枯渇するという事も無い……とは思います。
お気に入り紹介、というコンセプトがあるのでそこはチト微妙ですが。
まあ頑張ってきます。良かったらお勧めした作品読んで読んで~。


というわけで本日もいってみよ~。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:41
タイトル:博麗霊夢は食料に弱い
作者:詩所氏
URL:こちら

あらすじ:世の為食い物の為肉の為、博麗霊夢の人探し!

メインは霊夢と慧音。結構珍しい組み合わせな気がします。自分だけ?
空腹のあまり頭のネジどころかボルト・ナットまで二桁単位で吹き飛んだ霊夢が涙を誘うカワイソスぶり。
しかし一度腹が満たされれば大胆不敵・傲岸不遜、僕らの巫女の出来上がり。ヒューヒュー。
こんなんをご褒美で釣り、上手い事操縦していく慧音の苦労が偲ばれます。幻想郷の苦労人ナンバーワン候補。
霊夢の一人称視点での感想や表現が一々面白いです。特に食料関連。
そこそこ長いので読み応えもあり、小腹が空く時間帯の読み物にどうぞ。
それにしても妹紅可愛いよ妹紅。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

地震怖すぎ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
むぐー、更新に穴が開いてしまったorz
昨日更新しようと思っていたのに、何故かメンテナンス→アクセス集中による混雑の連携で阻まれますた。
おまけに今朝は地震で目が覚めるし……滅茶苦茶揺れました。
テレビ付けたら震度6弱とは……まあ、棚の本一冊ですら落ちてこなかったので全く問題は無かったのですが。
日本の耐震設計技術は素晴らしいですね。


さて、穴が開いてしまいましたが本日もレビューいきますよ。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:77
タイトル:難題「蓬莱山輝夜の節水」
作者:イムス氏
URL:こちら

あらすじ:「オー! ノーッ 私の嫌いな言葉は一番が「節約」で二番目が「倹約」なんだぜーッ」
     「みんなの水だろうがッ このバカ姫!」

水不足なお話です。事の重大さをまるで理解していない輝夜が何ともはや。姫だからしょうがないか。
踏んだり蹴ったりな目に合いつつも頑張るうどんさんに涙。
個人的には、台詞回しが何ともテンポよく、ズバッと切り込んでくるような印象で面白い。
そしてあらすじを見れば分かる人は分かるでしょうが、ジョジョネタが結構使われています。
しかもその使い方が完璧と言えるレベルで本当に面白いので、ジョジョ好きは必見。
オリジナルなスペルも面白いのですが、一番の見所はあとがきのスペル没案。これまた分かる人には分かる。
とにかく暑い日に読んで、読み終えた後に水をがぶ飲みすれば一層美味しく感じられると思います。



名無しちゃんSS、もう少しです。んではまた。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

うひぃ目が回る
まあ眠いからなんですけどねw
今日は少しSSの続きを書いてからとっとと寝ようと思います。
大ちゃんとこぁが上手い事生き生きと動いてくれてるお陰で書いてる身としては非常に楽しい。
動かしてんのはおまいだろ、という野暮な事は言いっこなし。


だがしかし、レビューはする!ここまで毎日続けられているのは自分でも上出来だと思います。
本日ご紹介する作品は、多分今後の自分の作品に少なからず影響を与えるであろうコチラ。


作品集:78
タイトル:幻想ナイトフライト
作者:みずあめ。氏
URL:こちら

あらすじ:”歌”を求めて、ルーミアとミスティアの星空浪漫飛行。

ぞくり、とするほど文章が綺麗です。
可愛らしい二人の会話と、まるで夢を見ているかのようなふわふわした描写が素敵な幻想郷の夜を演出します。
キラキラと瞬く星空、優しくそよぐ風、降り注ぐ弾幕、手を伸ばせば掴めそうな雲、まんまるの月。
そういった全ての情景が、読者の脳にダイレクトに浮かび上がるその描写力に敬服。
読み終えた後、不思議な感動が心に残るはずです。
自分の中で、素敵な月夜に読みたい東方SSナンバーワン。

そして分かる人には分かるネタが仕込まれている事にも注目。ジョニー……。



おっと忘れるとこだった。
昨日いきなりブログのスキンが変わりましたが、今まで使っていたスキンが何故かおかしい表示になってしまい、非常に読みづらくなってしまったのでやむなく変更致しました。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

それなりに良い調子です
名無しちゃんSS、思ったより快調に書き進めております。
今日一日を朝から晩まで執筆に捧げれば、ひょっとしたら今日完成したんじゃないかという程ですw
まあ流石にそこまでのスタミナはありませんので、自ら年末進行の漫画家の如き激務に身を投じる真似は出来ませぬ。
来週くらいには何とか書き上げたいなぁ。


では、本日もレビューいきます。昨日が真面目なお話だったので、今度は軽いコメディものを。
今回ご紹介する作品はこちら。


作品集:76
タイトル:ノコノコ
作者:デン氏
URL:こちら

あらすじ:ある日のお目覚めからお出かけまでのお嬢様活動記録。

のっけから凄まじいネタの応酬。ツッコミが追いつきません。
どうやらマニアックなネタが混じっていたり、登場人物が皆どこかおかしかったり。
小悪魔が可哀想だと思ったらちゃっかり策士だし、ぱっちぇさんは影でへんt……淑女的なサムシングだし、お嬢様に至っては最早形容不可。
地の文にもかなりのネタが埋め込まれていますが、それがお嬢様の一人称視点で語られる為更なる面白さが。
あとがきにまでしっかりネタを仕込む作者様の意気込みに敬服。腹筋自慢のアナタに。
タイトルの意味は推して知るべし。


読み終えたアナタは、どっち派ですか?
自分は僅差でT派。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:2 とらば:0

思ったよりも長続き
ポップンNET対戦、何の間違いか天空の大陸へ昇格してしまい揉みに揉まれたネコロビヤオキですこんばんは。
レベル42どころか41すら一曲も出来ないのに42まで選曲可能とか言われても無茶ですってorz
昇格後の初戦、いきなり選曲者も自爆覚悟の亜空間ジャズEX投げられて死神が見えたすたorzorz
音ゲわからん方はゴメンナサイ。とりあえずようつべで『ポップン 亜空間ジャズ EX』とかで検索するとヤヴァイもんが見れます。
曲はかっこいいのにね。TOMOSUKE氏は本当にヨイ仕事をする。


さて、音ゲの話題で始まりましたがいたずらに記事数を増やすのも水増しとか言われそうで気が引けるので、このままレビューいきますよ。
今回ご紹介する作品はコチラです。


作品集:77
タイトル:さよならリバーサイダー
作者:沙月氏
URL:こちら

あらすじ:彼岸の川岸で、上白沢慧音は老人と出会った。

慧音と老人の語らい。
読み進めていく内に、何か熱いものがこみ上げてきます。
しんみりとした雰囲気の中に、どこか温かさを感じさせる語り口。
多くは語りません、これは名作です。是非読んで下さい。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

わざわざ新記事で書く意図は
カテゴリできちんと分けられるように、レビュー以外の事を書く際は分けて書く事に致します。
それでは本日ご紹介する作品はコチラ。


作品集:59
タイトル:亡き王女の為のケツバット
作者:goma氏
URL:こちら

あらすじ:情けないおぜう様のための東風谷式スパルタカリスマ奪還作戦……なのか?

えっと、まずタイトル自重して下さいマジでwww
もうこのタイトルだけでご飯三杯はいけそうですが、カリスマを取り戻したいと言いつつその片鱗すら感じられないレミリアと、相手をラスボスとはまるで思わない(まあこの非カリスマっぷりでは無理も無いですが)早苗さんのバイオレンスさが化学反応を起こして恐ろしい程の爆笑を巻き起こします。
これほど『こえぇ……』と読者に言わしめた早苗さんは多分いません。レミリアを子供扱い、というよりは最早虐げてるとすら言えるそのバイオレンスぶりに戦慄する事請合い。
所々に仕込まれた小ネタ、パロネタもスパイス効いてていい感じです。
基本会話文中心っぽいですが、時折地の文にとんでもない爆弾(笑い的な意味で)が埋め込まれてます。
カリスマブレイクが大丈夫な方には無条件でお勧めしたい作品です。これが一万点超え作品の実力か……。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

やっぱり名無しが好きです
こんばんは。最近夜中のカエルの鳴き声がより一層大きくなってきて寝つきが悪いネコロビヤオキです。
ケロケロケロケロケロケロケロケロ……ケロ神様もちっと自重してくれんかのう。


さて、新しいSS執筆に取り掛かりました。
今回の主役はいよいよ自分の中の真打ち、大ちゃん&こぁの名無しコンビで御座います。
やっぱりこの二人最高ッス。名前が無い代わりにキャラ付けや動かし方の余地が無限大なので書き手によって千差万別になりうるこのキャラ達ですが、自分のSSでは割とキャラが固まってる感じです。
なので、シナリオさえ決まってしまえば結構早く書きあがる可能性が高いです。
名コンビぶりを遺憾なく発揮させるぞ!
というか、この二人が仲良しなSSって以外に少ない……?
というわけで自分がその道の先駆者に。や、既にいる事はいるだろうけどさ。


というわけで、名無し二人の活躍をどうぞお楽しみに。
それから、この後もっかい更新します。レビューです。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

我ながら更新してるね
とか言いつつたったの三日な訳ですが……。
まあ、この調子でなるべく頻繁に更新していきたいな~と思います。


というわけで、まだまだいきますよ作品レビュー。
今回ご紹介する作品はコチラ。ジャン!(まる見え風に


作品集:75
タイトル:鯉符
作者:ほんまぐろ氏
URL:こちら

あらすじ:『恋って、なんだろう』―――お人形さんが抱いたそんな素朴な疑問に、我らがマーガトロイドさんが答えます。

全体を通して流れるゆるりとした雰囲気が素敵な一作。
大真面目な天然ボケを地で行くアリスに妙な魅力を感じます。
んでもって、間違っているはずなのに何故か説得力のある彼女の発言に『うむむ』と唸ること間違いナシ。
その後の展開や描写、それに対するキャラクタ達の動きもとっても自然でゆるやか。
うん、『ゆるやか』という言葉が非常に似合うSSですこれは。のんびりしたい貴方に。


作品のチョイスが何故か作品集70代に偏ってますが、自分が本格的に創想話に参加しだしたのがこの頃なので(作品集70でデビュー)、どうにもこの辺りの作品にお気に入りが多いです。
また色々読んで、お勧めがあればご紹介していきます。それでは本日はこの辺で。


おっと、最後に。
レビューもいいですが、自分もそろそろ次の作品を書くことにします。
また何か決まったらご報告致しますので、乞うご期待?
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

ケロ神様乱入
窓全開にしてゲームしてたら、いつの間にか小さなカエルが服の中に侵入しようとしてきていて滅茶苦茶ビビったネコロビヤオキですこんばんは。
タイトルはそんな感じで。


で、舌の根も乾かぬうちにレビュー第二弾いってみようと思います。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:71
タイトル:一生一緒にメガフレア
作者:電気羊氏
URL:こちら

あらすじ:三つの『あたい』がクロスした時―――地霊殿は核の炎に包まれた!!

作品を読む上で最初に目に付くタイトルは非常に重要なもの。
ですが……このタイトルは卑怯ですw
こんなん読まざるを得ない。ですが、中身もしっかり面白いです。
自分は地霊殿未プレイで、キャラも最低限の概要しか掴んでいなかったのですが……この作品の地霊殿出身者を始めとするキャラ達は、知識の乏しい自分から見てもキャラがよく立っている事がわかります。
単純かと思いきややっぱり単純なお燐が可愛い。そして小町さんはもう少し自重しませう。
他にもあたいの区別がつかない鴉だとか、妙な事に感動する主だとか、『勤勉は盲目』な閻魔様とか、突っ込み所には事欠かない連中がズラリ。
独特の比喩表現やキャラクタの言い回しなんかも絶妙で、余す事無く笑いのツボをぐりぐりと。
一風変わった笑いが欲しい方にオススメです。
それと、お時間があれば普通に創想話の作品集の方から是非この作品のタグを見てみて下さい。色々ひどいです。


まだ不慣れなもので、この作品の魅力をどれほど表現出来たのかあまり自信はありませんが……興味を持たれましたら是非読んでみて下さいませ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

初れびぅですってよ奥様
さて、本日二度目の更新は初めてのSSレビューです。
先日告知しました通り、時々自分お気に入りの『創想話』SS作品のレビューというか、お勧め紹介的なものを行っていこうと思います。
さて、記念すべき一回目はこちらの作品。



作品集:74
タイトル:新聞記者ってアレですかね、やっぱ忙しいもんなんでしょうねぇ。
作者:喚く狂人氏
URL:こちら

あらすじ:文々。新聞の売り上げが慢性的に低い事に悩む文が、ネタを求めてほっつき歩く。

とにかくあややややなお話。ひたすらにあやややや。
文の特ダネスルーっぷりが読者のツッコミを誘います。あややー!横、横!!
そんでもって随所の言い回しにセンスを感じました。一人称視点で非常に光る。
脇役の皆様もいい味出してます。藍様油揚げどっから出してんの。
作品自体も短いながらもすっきりまとまっており、非常に読み易い。
タイトルに惹かれた方、さっぱり笑いたい方に激しくお勧め致します。
そして一緒にディスプレイの前でツッコミを入れませう。



初めてなので上手く伝わったか不安ではありますが、少しでも参考になれば幸いです。
こんな感じで今後もゆるりと続けていこうと思います。


そうそう、コメント返し致しをば。どうも有難う御座います。

>>天神門李槻様
そう考えると神主ことZUN殿の凄さが伺えますなぁ。
キャラクターに際立った特徴があれば、そこから考えるのがやりやすいとは思うのですが……。
短編作品、楽しみにしてますのでどうか頑張って下さい。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

今日の更新は盛りだくさんだぜ
さて、新作『ホワイトロック・イン・ザ・サマー』が完成致しました。
早速投稿&HPへの掲載を行いました。


夏なのに何故レティ!?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、自分は夏だからこそレティが書きたくなったワケでして。
幻想郷では常識に囚われては(ry
それと同時に、せっかく夏なので夏休みの楽しみ方的な感じに。ああ懐かしきあのころ。
宿題はノーサンキューだけど。まあそれも含めて夏休みの楽しさなのです。
冷気受けてれば夏でもちょっとだけ活動可能、というのは完全なる自己設定ですが……幻想郷では(ry
いかんいかん、早苗さんの熱心な布教活動が実を結び始めてる。


同時並行で、姫様SSの裏話ものっけました。
今はまだのせてませんが、パロディの元ネタ公開なんかもその内加筆する予定です。
それにしても、その裏話内で自分は何回『姫様可愛い』と書いたのやら。
すいません、結構侵食され始めてます。ヒメサマカワイイヨー。


というわけで、また作品の感想などお聞かせ願えると非常に嬉しいです。


この後もっかい更新するよ!!
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。