スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:スポンサー広告  

ヤター新作でけたよー
出来ました、新作コメディ作品!プチに投稿させて頂きました。
詳しくはまた明日の更新でご報告させて頂くとしまして、本日のレビューいきましょう。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:80
タイトル:自信ってやつがブッ壊れそうだぜ
作者:喚く狂人氏
URL:こちら

あらすじ:腋の申し子とスキマさんのちっちゃな結界外し。

霊夢&紫の会話に小ネタが絡んでくるスタンスの作品です。
しっかし、この作者様はどうしてここまで小ネタを生み出せるのでしょうか。守備力A15クラスの守備範囲。パワプロ6基準。
言葉遊び的ネタにパロネタ、まんま東方ネタ、ゲームネタ、果てはメタネタまであらゆるタイプの小ネタを押し込んだ、短いのにずっしり笑えるお話です。
腹筋ってやつがぶっ壊れそうだぜ。てか壊れたんですけどね。特に言葉遊び系とパワポケネタで。
小ネタの事ばかり書きましたが、オチもグゥレイトォ!良質短編コメディだと思います。
スポンサーサイト
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

がんばれわし
上手くいけば今月中に新作投稿出来そうな感じです。
頑張れ地球、頑張れ地球!僕は限界だ。
……いやいや。頑張りますとも。


眠くなってしまうまでにレビューと作品の方を進めたい!よってスピーディにレビュー。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:28
タイトル:ときみすちぃ
作者:らくがん屋氏
URL:こちら

あらすじ:ミスティアの屋台で繰り広げられる、アノ落語の世界?

有名な落語『時そば』のみすちー版と言いますか。
ですが、そのまま東方にシフトしただけでない所がうまい。
後半の+α部分での粋な展開に少しグッときました。
贅沢を言えば、もう少しお話を広げて欲しかったかも……とも思いましたが、原作に準じてさっぱりさっくり、と考えれば丁度良い塩梅ですね。
落語の新たな解釈を覗く事が出来るこのお話、是非一度お読みになっては如何でしょうか?
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

金管楽器は難しい
いやマジで。木管楽器しか吹いてこなかった自分にはとてつもない難易度で御座います。
経験者の方はお分かりになられると思いますが、唇を振動させて音を出すあの独特の方法が本当に難しい。
現在ウィンドシンセと並行してトランペットの練習をしているのですが、あまりの難しさにケタケタと狂った笑いを浮かべそうです。いかんいかん。
高校時代吹奏楽部でバスクラリネットを吹いていた自分の、時折使われてないトランペットを部室から引っ張り出しては練習を続けたにも関わらず、三年経ってもまともに音が出なかった苦い思い出が蘇ります。
憧れだけじゃ楽器は吹けないのよ、ラララ。頑張ります。


何故いきなり楽器の話か、と問われましても明確な答えが返せない。ブログのネタ作りの一環ということで一つ。
とりあえずレビューします。せっかくなので楽器関連のお話。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:49
タイトル:Stroke!
作者:アンネズコ氏
URL:こちら

あらすじ:リリカがドラムの練習を始めた。真夜中のルナサの部屋で、毎日。

プリズムリバーのお話はそれなりの数ありますが、ここまで三姉妹の個性が飛び抜けて強烈なお話は多分ありません!
ドSルナサ、厄神顔負け回転率のメルラン、雨の中濡れた仔猫をほっとけない系リリカ。
↑では無理矢理まとめましたが、一言ではまとめられない程アクの強い三姉妹が見ていて面白すぎます。
シンバルをフリスビーの如く窓からブン投げた挙句、妹にヤクザキックを放つルナ姉。想像出来ますか?
軽妙なコメディ作品でありながら、何だかんだで仲の良い姉妹の温かさを描いたナイスなお話です。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

のりたーまをごはんに
かけるーっと。ふりかけを考えた人は偉大です。
何か食べ物に関するタイトルばっかな気がしますが、そんな作品ばかり紹介するのだから仕方ない。食欲の秋。
というわけで、今回ご紹介する作品はコチラ。食べ物メインじゃないけど。


作品集:72
タイトル:この世に正義があるとすれば――。
作者:幻想と空想の混ぜ人氏
URL:こちら

あらすじ:新聞記者よ、我らの”正義ジャスティス”を―――しかとその目に焼き付けよ!!

前半部分からしてぶっ飛んでます。咲夜さん怖すぎる。
恐怖政治の賜物か、或いは元からそんぐらい強かったのか分かりませんが、美鈴の頑張りに涙が出ます。
しかし、それらのインパクトを軽く凌駕する恐ろしい世界が後半部分で展開。まぁ詳しくは読んでみて下され。
もうお嬢様が正義、つか真理でよくね?と思えてきます。ある意味とっても幸せなのかしら。
理性がガラガラと音を立てて崩れゆく感覚を味わえるこの作品、危険です。あとがき必見。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

最近ハンバーグ食べてないなぁ
肉と言えば鶏胸肉ばっかりで。だって安くて美味しいんだもの。
たまにはひき肉買ってきてハンバーグでも作ろうかしらん。
とまあ、今回のレビューではそんな気にさせるお話を。きっとお腹が空きます。
では、今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:65
タイトル:ミクスチャー
作者:腕氏
URL:こちら

あらすじ:手作りハンバーグ製作を、何としてでも―――止めろ!!

オチが素晴らしく秀逸なコメディ作品です。舞台は永遠亭。
てゐがそこまでハンバーグ阻止に躍起になる理由、そしてその元凶は……あまりに意外なもの。
超ユンケルパワーで何だかおかしい師匠、維持と誇りと性癖を賭けた肉弾戦他諸々、場面の一つ一つから溢れ出た無駄な臨場感とスピード感。てゐの”鉈の如きローキック”が非常に気になります。
配下のウサギ達が結構目立つ、珍しいお話でもあります。てごね!てごね!
疾走感とハイセンスギャグ溢れる、万人にオススメ可能なお話です。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

壊れとイタタの境界線
現在コメディものを書いているワケですが、コメディを書く時は壊れ系ギャグを取り込もうか否かいつも迷います。
上手い事扱えれば凄まじい爆笑を呼び起こす事が出来るのでしょうが、外したら最後、アイタタタ~な事になってしまいます。
しかし、自分の考えるコメディ話には切れ味が足りない、ナマクラヤイバーだ、ナイスデボウギョの方がいい、なんて言われそうな気がするくらいに押しが弱めなので、火力を補う為に少しくらい壊れを混ぜてみようかな、とか思ったりするのです。
過去作でもほどほどに混ぜ込んでいますが、イマイチ踏み切れていないせいでやはり押しが弱い。笑いって難しい。


というわけで、コメディ作品をご紹介しつつ自らの参考にしてしまおうという一挙両得、奥様大喜びなレビュー。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:52
タイトル:きっかけは冷凍マグロ
作者:ふみつき氏
URL:こちら

あらすじ:”大人の女性”二人と変態達と苦労人達とクロロホルムと大食いとマグロと靴下のお話。

ダメです。この幻想郷の住人たちはダメです。どうしてこうなった!
とまあ、そう言いたくなるくらいにかっ飛ばした壊れ系コメディです。
恥も外聞も常識も言語中枢もかなぐり捨てて子供じみた大喧嘩を繰り広げる二人を見て、式と弟子は何を思う。
主軸にしたネタの内容は界隈でも人を選びそうなモノが多いのですが(年増とか変態とか)、何故か嫌らしさが無い不思議。でも壊れという性質上、やっぱり人を選ぶかも。
他にも随所のネタ、パロネタも見所の一つ。DHCって何の略でしたっけ。そして陰に潜む黒幕の正体とは!?え、気にならない?
どうしようもない変態達が跋扈するこの幻想郷、果たして貴方(の腹筋と理性)は耐えられるか!?
自分は無理でした!
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

書けない時に限って
アイディアも創作意欲も無限に湧き出るというのに、時間が出来るとどちらも萎んでしまう。
二次創作に限らず、何かしら作品作った経験のある方ならこの感覚分かりますよね?
今まさにそんな感じ……orz
あれから筆が進みませぬ。いや、書きたいんだけどね。形にならないと言いますか。
今日はもう寝よう、うん。


というわけで、レビューして寝る!
今回ご紹介する作品はコチラなのです。


作品集:45
タイトル:お嬢様の悪戯
作者:小宵氏
URL:こちら

あらすじ:お嬢様のドッキリ計画。

その発想は無かった!と言わざるを得ない作品です。
ちょっと大人ぶってみたい、そんな子供らしさを持ったお嬢様が可愛い。
ですが、そんなお嬢様の印象を吹き飛ばすくらいにとにかく咲夜さんがヒドイです。何を熱暴走しているのやら。
館の主を着せ替えドールへ変えるなんて、何と素晴らし……いやいや。イケない従者達だなぁ全く。
果たしてこの館にあの姉妹を置いといていいのか若干不安になりつつも、するりと最後まで読めてしまうお話です。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

眠りこけてました
眠ってたのに結果的に夜更かし。いかんいかん。


というわけでそそくさとレビュー。今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:44
タイトル:ああ言えば交友
作者:goma氏
URL:こちら

あらすじ:よーむのお願い、『お友達になって下さい』。

まずタイトルで惹かれました。やっぱタイトルって大事。
生真面目で空回りな妖夢が見ていて可愛くもあり、突っ込みたくもあり。
正直者というのはいい事ですが、結構損な面もあるんだなぁ。世の中って世知辛い。
コメディタッチでありながら真面目な内容も含む、読後感グレイトな作品で御座います。友達ってステキよね。
そして、思わず赤面しちゃうような台詞を平然と言ってのける皆様を見てあうあうしましょう。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

ツキミウドンゲイーン
うどんが美味しい季節ですね。あったかいのも冷たいのも。ん?うどんの季節って今……?
ま、いっか。とりあえず、そんなタイトルの作品をレビューしてみましょう。
今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:82
タイトル:素うどん
作者:久我拓人氏
URL:こちら

あらすじ:姫様は、門番に弟子入りしました。

自分好みの超アグレッシヴな姫様です。すいません、主観入りました。でも可愛いよ!
(主に美鈴のドジで)蹴られても殴られても殺されても修行を頑張る姫様の真意は果たして何なのか。
そして、お嬢様が凄まじいカリスマを纏っています。口調がいかにも、です。
後半のGガンダムもかくやという(主に血のせいで)真っ赤な闘志を滾らせての決闘は必見。見た目を除けば決闘つーより子供のケンカですけど。
ちょいと意外なオチもまた楽しい、内容の割に何だか和むお話でした。
そして、あの古道具屋店主に関しては何も言うまい。ヨクヤッタ!
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

ちきしょう
何よみんな、星蓮船、星蓮船って!
あっちへ行ってもこっちへ行ってもあらあらうふふ、ナズたん萌えだの小傘タソカワユスだの!
そんなに星蓮船がいいならUFOに乗ってお空のお星様とチャンプルーになっちゃえばいいのよ!キー!



……買おうかなぁ、星蓮船。
いきなり失礼しました。世間は、というか界隈では新作フィーバーですね。
それは創想話も例外ではなく、早くも星蓮船キャラのSSがたっぷりたらこ。
ですが、自分は星蓮船を持っていないのです。それどころか、地霊殿も持ってませんorz


えっと、ちゃんと理由がありますです。原作に興味無いとかそんなんじゃないです。横スクロール3Dアクション問わずシューティングは大好物です故。
聞いた話だと、地霊殿は非常に難しい、難易度が高い、とか。
実際、自分の友人は妖々夢Phをクリアしたにも関わらず地霊殿のノーマルがノーコン突破出来ないとか。
それを聞いた自分はすっかり尻込みしてしまいまして。何せ、ノーマルシューターの中でもかなりヘタレな部類ですから……。
ノーコンクリアは紅魔郷ノーマルのみという体たらくなので、せめて妖々夢・永夜抄・花映塚・風神録のいずれかのノーマルをノーコンクリアしてから買おう……そう考えていたのです。
そしたら、クリア出来ぬまま星蓮船が……orz
さらに星蓮船も難しいとのお話。ひぃぃ無理ざんす、というワケなのでした。


でも、新キャラには非常に興味がありますし、新作の音楽も是非聴いてみたい。弾幕も楽しみ。
せめて地霊殿だけでも買おうかなぁ、と考える今日この頃なのです。いつまでも地霊殿キャラを自分のSSに出せないのは、ねぇ。
特にヤマメとお燐が気になります。超・今更ですが。
でも地霊殿SSはいくつか読んだという不思議!『一生一緒にメガフレア』とか。あれホント面白かった。


ある意味でも本来の意味でも流行に疎いネコロビヤオキなのでした。
この後もう一度、レビューの為に更新致します。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:東方   こめんと:0 とらば:0

調子が戻らん……
久々に筆をとった所為か、なかなか思うように筆が進みません。うぬぅ。
早いトコ書き上げないと前回の投稿から一月空いてしまう。
今度の主役はあの人です。グリーンがイカすあの娘。大ちゃんじゃないよ。


まあそれはともかく、今回もレビューいってみましょう。修羅場から開放されて、筆の進みはともかくまた作品を色々読めるようになったのは嬉しい限り。
というわけで、今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:65
タイトル:100万回生きたモコウ
作者:ulea氏
URL:こちら

あらすじ:永遠を生きる少女の、悩み。

痛いです。いや、決してイタいとか、そういう悪い意味ではありません。
妹紅の心境を思うと胸が痛くてたまらんのです。
不老不死の強さと、人間の弱さと、温かさ。永遠に生きるからと言っても、やっぱり妹紅は人間なんだなぁと思わずにはいられません。
慧音と妹紅の会話には、何者にも断つ事の叶わぬ確かな信頼と愛情が垣間見えます。
どうやらこの作品は『東方儚月抄』の設定を引き継いだ作品らしいですが、読んだ事の無い自分でも非常に楽しめました。
ぼやかした終わり方ですが、綺麗な印象と、形容し難い温かさを感じる作品です。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

キング・クリムゾンってやつですか
楽器の練習に夢中になってたら三時間余裕で経過していたという罠。いくら明日が休日だからってねぇ。
ウィンドシンセサイザーというキテレツ楽器をボーボーと。そりゃもうボーボーと。
名作・ヨッシーアイランドのBGMを練習中。アスレチックステージ曲楽しい。


楽器についてはまた今度好きなだけ語らせて頂くとしまして、とりあえずレビューしますよ。
せっかく楽器の話題だったのでプリズムリバー……といきたいのですが、ちょっと在庫切れです。なので今回はコチラ。
先日ご紹介した『彼女は笑う』は五回、十回は紹介したいくらい好きな作品なんですが、まあそれは置いといて。


作品集:85
タイトル:こんな音じゃなくて、もっとこう、心地のよい、歓喜に満ち溢れた音楽が聴きたいと思いませんか?
作者:喚く狂人氏
URL:こちら

あらすじ:紫とCDにまつわるエトセトラ。

以前ご紹介しました、デン氏の『Core2Duo』に通じる部分がある、オチに全てをかける作品です。
人によっては、こと音楽に詳しい方なら途中で少しオチが読めてしまうかもしれません。
……が!それでも笑ってしまう、不思議な魔力を持ったお話です。ええ、自分は完全敗北しましたとも。
個人的には、全体を通したの霊夢と霖之助の会話の雰囲気が素敵だと思います。うまく説明出来ませんが……。
自然な流れの二人の会話に思いを馳せるもよし、オチで『く、くやしい……でも笑っちゃう!』となるもよし。
洒落ているのに軽快で読みやすい氏の文章に、自分はこっそり憧れております。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

あれは何だ!?鳥だ!飛行機だ!チュパカブラだ!いやちがう、風祝だッ!!
はい、というわけでして。
久々なので多少感覚がおかしいかもしれませんが、レビューいきますよ。
死亡フラグ臭プンプンの予告通り、自分にとってのとっておき作品その1をご紹介。コレだッ!


作品集:76
タイトル:王見 人 ネ申
作者:八重結界氏
URL:こちら

あらすじ:東風谷早苗は毎朝、ラジオ体操を欠かさない。

なんだこれは。なんだこれは!?
最初の三行から既に、異常なほどのオーラを感じる作品です。トムさんすげぇ。
突っ込み所しかない激しくも儚くそして高密度な文章の応酬に驚愕する事請け合い。
この早苗さんはどうにもなりません。珍しく神様達が突っ込みに回りますが、それでも力不足なほどの天然ミラクルジェットと化したミス風祝。
どうしてこうなった。誰のせいだ。いや誰のせいでもない。だって現人神だもん。そっかー。
―――と、自己帰結せざるをえない、超絶サナエワールドを是非お楽しみ下さい。ああ腹筋が痛い。




オススメ作品ほど、語彙に苦労しますね。こんなんじゃこの作品の魅力は伝わらん、じゃあどうする、みたいな。
とっておきその2は、また何かあった時に。そうだなぁ、サイト2000HITとか?


とまあこんな感じで今後も調子を取り戻しつつやっていけたら。それでは本日はこれにて。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

復活致しました
はいどうも、お久しぶりです。
やっとこさ私生活の嵐も過ぎ去りそうなので久々に更新してみます。
これからはまた、出来るだけ頻繁にレビューもしつつ、ブログを更新していけたらなぁと。
新作も書かなきゃ。


というわけで、またよろしくお願い致します。
とりあえずご挨拶はこの辺にしまして、もう一度レビュるために更新致します。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:雑記   こめんと:0 とらば:0

暫くお休みします
マエリベリーから……じゃなかった、前々から予告しておりましたが、暫く私生活が過酷を極めそうなので、暫くの間更新出来ません。
再開は早くても来週末くらいになりそうです。申し訳御座いません。
お、俺……無事にこの修羅場を乗り切ったら、とっておきの作品をレビューするんだ……


短いですが、これにて。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:雑記   こめんと:0 とらば:0

完成はいつになるやら
ちまちまと新作を書き始めました。
ですが、先日申し上げました通りそろそろ私生活が修羅場に突入しそうなので書きあがるのは結構先になりそうです。
むぅ、歯がゆい。


とりあえず本日もレビューしますよ。
今回ご紹介するお話はコチラ。


作品集:53
タイトル:ちるちるさくやん
作者:小山田氏
URL:こちら

あらすじ:フランのシチューを食べた咲夜が、何故か大妖精家に押しかける。どういうこっちゃ。

まず最初に注意。この大ちゃん、限りなく黒いです。腹黒です。ヤヴァイです。
そんでもってこの咲夜さんは完璧で変態なメイドです。怪しげな新興宗教まで立ち上げる始末。
内容はカオス臭漂うコメディものですが、いかんせんメインのキャラがチルノを除いて癖が強いこと強いこと。
個人的に中盤・大ちゃん家でのエロイムエッサイム的なシーンがもう、ね。『ナニコレ?』の一言に尽きます。
腹黒大ちゃん、変態咲夜さん、天然大ボケチルノのトリオという凄い取り合わせに興味を覚えた貴方は是非。
この混迷極まるコメディの世界を是非一度ご堪能あれ。それにしても大ちゃん黒い。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

形容し難い面白さってありますよね
自分の書くSSは割とテーマがはっきりとしている方だと思います。
他にも、自分の好きな東方SSの感想を書け、と言われたら『ここが面白かった』『ここでこう感じた』と言えるような作品は結構多いですし、それは『テーマがはっきりしている』と言えるのでしょう。
ほのぼの作品なら『和んだ』とか、コメディなら『笑えた』とか。
ですが、時々タイトル通り、面白さが形容し難い作品というものがあります。
とても面白かった、けど『どんな面白さ?』と言われたら言葉に詰まってしまう……というような。
今回ご紹介する作品はそんな感じです。コチラ。


作品集:71
タイトル:これ捨てれる?
作者:司馬漬け氏
URL:こちら

あらすじ:妖夢の祖父・妖忌が残したらしき卵。一体どういう事?

実は、↑のあらすじを書くのに十五分程考え込んでしまいましたw
卵について思考を巡らせる妖夢、どうにもはっきりしない鳥達との関係……お話自体は短めなのですが、どうにも形容し辛いストーリー。
しかし、これは言えます。面白いです。最初はすわコメディか、と言うような展開から始まり、最後には切ないような、考えさせられるような……。
個人的に、屋台でのシーンは必見。静かなカッコよさが伝わってきます。
さらに後書きで笑いまでとっていくこの作者様は一体何者なんだ。正直ファンになりました。
自分のボキャブラリでは、残念ながらこのお話を完全に形容する事は不可能なようです。とにかく、一度読んでみて下さい。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

また忙しくなりそうです
久々に修羅場が近付いております。
もしかしたら来週から暫く更新不可になるやも知れませぬ。
ああちくしょう、暫くSSが書けない読めないなんて辛いぜよ。


というわけで、今のうちにレビュりますよ。
今回はいつもと違い、東方創想話作家様の個人サイトに掲載されていたSSをご紹介。コチラ。


作品集:--
タイトル:大ちゃんの日記
作者:天神門李槻氏
URL(というより行き方):こちらより、『ENTER』→『-Novel-』からどうぞ。

あらすじ:大ちゃんが香霖堂に忘れていった日記。見たくなるのが人の常、妖精の常。

日記に描かれた何気ない日常がナチュラルで可愛らしいです。
『ああ、やっぱりそんな感じなのかw』と言いたくなると言いますか。本当にありそうな、といった。
また、個人的にチルノと霖之助の掛け合いが非常に和みます。大人と子供の微笑ましいやり取り。
短い時間でちょっといい気分に浸りたい貴方、子供らしく可愛いチルノが好きな貴兄にオススメです。


レビューの許可を下さった天神門李槻様、誠に有難う御座いました。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

ちょっとイラストを描いてみたら……
絶望した。


ってほどでもないんですが。描き終えた時には『よし、自分にしては上手く描けた!』って思うんですよ。
でも、他の上手い人の絵を見た瞬間に『orz』となる。まだまだ修行が足りない……そもそも上手くない。
いつかイラスト載せられたらなぁ。ちなみに描いてたのは大ちゃん。少し離れて細目で見れば大ちゃんに見えるよ!
……や、晒しはしませんが。見せられるレヴェルじゃないっす。


そんな現実にもへこたれず、今日もレビューします。
今回ご紹介する作品はコチラでごわす。


作品集:76
タイトル:もやしどん
作者:やきそば。氏
URL:こちら

あらすじ:シャクシャクシャクシャク。今日のお昼はもやしどん。シャクシャクシャクシャク。

ひたすらもやしを食べるお話……なのですが、ラストが衝撃です。
あるキャラの一人称視点なのですが、もやしについて無駄に語ってみる所が何だか面白かったり。
しかし、注目すべきはとにかくラストです。ネタバレになるので詳しくは語れませんが、まあ読んでみて下さいな。
『あれっ!?』と言いたくなる事間違い無し。


ちなみに、自分ももやしは大好きです。万能野菜だと思います。最近は鶏肉と一緒に炒めて食べるのがマイブーム。
おっと、みすちーの気配。逃げよ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

ほのぼの強化月間?
というわけでもないのですが、今回ご紹介するお話もそんな感じなんで。
まだまだ夏のような秋の始めに、今度は春のお話です。コチラ。


作品集:74
タイトル:今日も平和な桜餅
作者:ガブー氏
URL:こちら

あらすじ:桜舞う春の日に、一人と二柱のうろ覚え桜餅製作。

桜餅が無ければ自分達で作ればいいじゃない!
見ていると『あれ、桜餅ってそんなんだっけ……』と首を傾げてしまいますが、読み終えた後は『まあいいや』と思えてしまう、そんなお話です。
何だかんだで美味しくお餅を頬張る皆さん。幸せってこういう事なんだなぁ、と思わず笑みがこぼれます。
個人的に早苗さん達にはこういう、のんびりとくつろぐような雰囲気が似合う気がしますな。
後書きでちょっとしたトリビアも聞ける、お得(?)な作品です。ああ和む。
読み終えた後の為に、お茶と和菓子を是非ご用意下さい。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

秋なのかー
その割に暑い。秋姉妹が拗ねるぞ。


さてまあ、本日もレビューしてみましょう。
まだまだ夏っぽい秋の初日に、冬のお話を。今回の作品はコチラ。


作品集:59
タイトル:空が青汁だと信じる君に
作者:七々原白夜氏
URL:こちら

あらすじ:『空ってどうして青いの?』―――チルノの疑問に対するレティの答えは?

これも、自分が『創想話』を知ってからかなり最初の頃に読んだ作品です。
何と言うかもうほのぼの。ひたすらにほのぼの。絵に描いたようなほのぼの。大事な事なので三度。
何とかして『頼れるお姉さん』でいたいレティの焦りっぷりがもう可愛すぎてたまりません。
いかにも子供なチルノの物の考え方も微笑ましい。
そして何より、読んでいるだけで彼女達の表情やその様子が浮かんできます。本当ですよ?
人にほのぼの系作品を薦める場合、まず自分はこれをお薦めするでしょう―――というくらいオススメです。今の自分の原点の一つと言えます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。