スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:スポンサー広告  

あ、あ、あるぱか
かわいいよー、っと。分かる人だけ分かれ!音ゲーのお話です。


とまあ分かる人には何のことだか大体分かってしまうでしょうけど、本日弐寺の段位認定六段に合格しました。
イヤッホォォォウ!(ガタンッ


具体的なレートは、90-98-98-98。ええ、一曲目・TFP(超略)はラストの加速です。初見だったのサ。
二曲目・カゴノトリ弐式は特に危なげも無く。中盤でチト削られましたが。
三曲目・Rise'n Beauty。これが一番の曲者でした。トリル多ッ!
最近運指を少しずつ固定化してきてはいるものの、まだ不完全なのでかなりわたわた。
正直、ほぼ北斗でした。最低限意識していた右手薬指で7鍵、親指で5鍵を取る(1P)という事だけは守れましたが。修行が足らんね。
四曲目・bloomin' feeling。大好きな曲です。どれくらい好きかと言うと、先日投稿しました新作のラストにネタとして仕込んじゃうくらい。
この曲に限り予習しました。ノマゲクリアまでやり込んだ甲斐があった!というか好きなので一度はクリアしておきたかった。
皿絡みで削られはしましたが、ラストの同時押しラッシュはほぼ拾えました。チャージノート楽しいね。ノリノリで取ってました。
達成率は89%。しかし、段位認定だと緊張の所為かスコア力が結構落ちてしまいますね。だが受かったからヨシ。


七段は ”(「・ω・)「がおー”ことサファリの存在が脅威。いっぺん試しに受けてがおーされてみようかしらん。
以上、MIRACLE MEETSのバックスピンスクラッチが楽し過ぎるネコロビヤオキでした。へーい!
スポンサーサイト
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:音ゲー   こめんと:0 とらば:0

火柱はお約束
はいはい、というわけで。新作『パチュリーザぱフォーマー』、如何で御座いましょうか。
ちょっと久しぶりなコメディ作品、そしてもっと久しぶりな紅魔館の皆様。
小悪魔以外の紅魔館メンバーが完全に主役を張るのは、実は処女作以来の出来事だったりするのです。

アノコロハ、ワカカッタ……。

昔の作品を読み返して、うわぁぎこちないとかうひゃあ苦しいとかひぎぃ破綻してるよぅらめぇ、なんて気分に苦しめられるのは自分だけで十分です。
さて、そんな事より。当作品は『ポピーザぱフォーマー』というちょいマイナーなアニメのパロディ分を多めに含んでおります。
名目は子供向けなのに、シュール&ブラックユーモア溢れるステキングなアニメです。
あとがきの変な呪文は主題歌『ポピーtheクラウン』の歌詞改変。分かって下さった方が早速いらっしゃったようで嬉しい限り。
こまっちゃん&えーきさまSSの際は、パロディを重視するあまりに元ネタが分からない方を置いてけぼりにしてしまったという大きな反省点が残りました。
今回の作品で、それが生かせていたらいいな。どうでしょう?


んで。
あとがきにのっけた歌詞改変ですが、実は一番の分は全部作ってありました。
ですが、全部のっけたらあとがきが異常な長さになってしまうのでBメロ以降だけ。
せっかく作ったので、ここに置いときます。
元ネタを解するお方でないと『なんじゃこのイミフな呪文』となる事請け合い。それは元ネタの方もおんなじですが。
”続きを読む”からどうぞ。そして、カラオケに行った際にこの歌詞で歌ってみてネ。え、嫌?

続きを読む

かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

へんなはなしを おいてきました
という訳で新作を投稿して参りました。コメディですが普通の方。なんかもう分けなくてもいいかなって気がしたので。
というか、プチだと自分の作品の長さが目立ってしょうがないのです。周りが一桁kbの中自分だけ40overとか。


んでは、お気に入り紹介をして寝ます。
今回ご紹介する作品はコチラでウサ。


作品集:74
タイトル:おつきさま
作者:毛玉おにぎり氏
URL:こちら

あらすじ:キラキラかがやくおつきさま わたしはあなたに手がとどく?

いいなぁいいなぁ。この絵本のような優しいタッチがたまりません。
先に紹介したやまのぼり』と併せてのこの絵本的ふわふわパステルな世界観にすっかり魅了されてしまいました。ファンになる瞬間ってこんな感じなのかー。
やっぱり仔ウサギが可愛い。いつか月に届くと信じて跳ねる、跳ねる、ひたすら跳ねる。ああ可愛い。
後半の展開も粋な感じでgood-cool(グッとくる)。総じて永遠亭の皆様がいいキャラしてて、読んでいてワクワクしてきます。
また、この作品を読んで以来、自分はあとがきの書き方を変えようかと考えています。それくらい秀逸。最後まで素敵な文章を展開してくれます。
癒しを求めるそこの貴方や、優しい気分になりたいそちらの貴方に。
ところで、てゐの秘密って何なんでsh(ナタノゴトキローキック
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

( ゚∀゚)o彡゚ じゃいじゃいじゃい!!  ←違う
ギタドラV7が稼動したよ!よ!
家の近くのゲーセンにギタドラXGが無いわし大歓喜だよ!よ!


というわけで遊び倒してきました。少しですが。
とりあえずトーマスの新曲がかっこいい。版権ではポップンにもあった嘘が実はいい曲だと気付いてみたり。
しかししかし。何よりも自分が歓喜したのはEXTRA曲の『三毛猫JIVE&ジャイブ』。
自分の大好きな『三毛猫ロック』の続編というか第二弾的な感じで。小野隊長がやってくれました。愛してる。
ドラム赤はなんとか安定。曲は滅茶苦茶カッコいいです。
ムービーがまだじっくり見られないけど、今回もトルテ&パフェが可愛らしく動き回っている模様。
嗚呼すっげぇ見たい。じっくりと。それはもうじっくりと。タシーロもびっくりなくらいにじっくり見たい。
三毛猫ロックの時みたいなたるたひのゲスト出演はないのかな?


ちょっとテンションがおかしかったですが、まあそれだけ嬉しかったという事でどうかご勘弁。
さて、明日もトルテとパフェに会いに行く仕事が始まるお。常駐が厳しいのがどうもね。


そして今更気付いた事実。このゲーム(というか自分が好きな曲)、やたらとおいしそうな名前のキャラが多い(大体ともすけべor小野隊長)。
タルトにタフィ、トルテにパフェ、ショコラにフランク……ああ、なんか腹減った。
よくよく考えればトルテの初出はGF2nd&DMのMondo StreetだからやっぱりTOMOSUKE曲。


音ゲーわかんない人ごめんね。いつもの事ですが。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:音ゲー   こめんと:0 とらば:0

Sweet Sweet Potato Magic
すいすい。元ネタは某音ゲー曲。


まだまだ続くよ食べ物フェア。
今回ご紹介する作品はコチラでイモ。


作品集:78
タイトル:おいもパーティー
作者:gaoth氏
URL:こちら

あらすじ:初夏。好物が恋しくて焼き芋を始める穣子の前に、いつの間にか萃香が。

珍しい取り合わせですが、会話がとても馴染んでいます。
秋以外ではほかされっぱなしな秋の神様・穣子と、かつて人の手で居場所を追われた鬼・萃香。
人恋しなんとやら。どこかリンクするものがあるのでしょう。
特別励ますでもない、慰めるでもない。しかし、一つの焼き芋と一時の会話がその心を満たすのです。
何気ない会話なのに、読んでいると何だか元気になれる小話です。若干のコメディ要素もあり、オススメ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

うどん食べろ!
うどんげ食べろってワケじゃないです。ウサギ料理って実際にあるのかしらん。カエルは知ってるけど。
うどんとそば、どっちが好きかと言われたら50:50。気分に依存します。今はうどん。


何となく食べ物フェアな感じで、今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:94
タイトル:赤いタヌキと緑のタヌキ
作者:大崎屋てゐ蔵氏
URL:こちら

あらすじ:うどんをすする二匹のタヌキ。着ぐるみなんだけどね。

全編通してゆるやかな雰囲気漂うコメディ寄りほのぼの小話です。
前半の古語っぽい語り口が個人的にベネ。しかし、一箇所だけ妙な文章が混ざってたり。
地の文で淡々とボケてみたりツッコんでみたりと、読んでいてくすくすと笑えます。
とは言え、一番おかしいのはタヌキ二匹が一心不乱にうどんをすすっているという光景なのでありまして。
部屋を暖かくして読みたい、ちょっとイイ気分になれるお話です。リラックスしたい貴方に。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

おーでぃーん
創想話には食べ物ネタな作品も数多いですが、何故か鍋・おでんを使ったネタが特に目立つように感じられます。
なんででしょうね。おいしいから?
過去取り上げさせて頂いた作品にもいくつか鍋・おでんネタありますしね(これとかこれとか)。


というわけで、今回はO・DE・Nな作品を紹介しちゃうのです。それではコチラ。


作品集:93
タイトル:「うわぁー! 咲夜さんが来たぞぉー!」
作者:ハリー氏
URL:こちら

あらすじ:お嬢様の希望なら例え火の中ダシの中。走れ、バトれ、十六夜咲夜!

初っ端からテンションがおかしい、BUCHIAGE系コメディです。
既存の漫画で例えるなら『ボボボーボ・ボーボボ』。ハジケてます。
お金払えよとかおでんの発音とか意味不明なカードバトル風おでんバトルなどなどなど、一から十まで突っ込み所で出来ています。
個人的にはオチのキメ方が非常に素晴らしいと思います。さんざ勢いをつけておいてのこのオチは凄い切れ味です。
ちょっとした豆知識も学べちゃう、お子様にも是非オススメしたい短編です。アツアツの内にどうぞ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

『東方創想話の不沈艦』と呼ばれてみたい
ぐわあああネタが浮かばないぃぃぃorz
現行SS、半分ほど書いた所でぱったり筆が止まってしまいました。
三月中旬中に書き上げたいので頑張ります。


レビューをしようと思っていたのですが、何故か創想話へアクセス出来ずURLを引っ張ってこれない&諸々の確認等が出来ないので断念。
しかし、これだけで終わるのも味気無い……う~ん。
とりあえず、最近気に入った大好きな音ゲー曲を紹介して尺を稼ぎます(?)。


という訳で、beatmaniaⅡDX16 Empress収録の『不沈艦CANDY』という曲がステキなので動画貼っておきます。
とてもHAPPYな気分になれるハードコアです。こういう明るい曲大好きよ。

youtubeで聴く(SP Another譜面付き)

ニコニコで聴く(クリップのみ)
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:音ゲー   こめんと:2 とらば:0

むーびんぐあうとしたい
ポップンミュージックのNET対戦(略して熱帯)が始まったよ!よ!
今回は国取り合戦の要素があるよ!よ!
前回適正だった竜神の島から始めたよ!よ!


……助けて下さいorz


開始直後は凄まじい部屋住人のインフレが起こります。毎回ですが。
本来もっと上にいるべきプレイヤーが下に流れ込んでいるので実力的に本来いるべきプレイヤーが落とされ、その下でさらに……という悪循環。
武器でない曲を投げようものなら三位確定というこの状況ではおちおち贈呈やネタ選曲も出来ません。
というか武器曲でも大した差をつけられないorむしろコンボ数とかで負けたり。
トゥイートEXを投げたら全員87.8k台ってなんなのさ。ちょっとした奇跡です。
前作のNET対戦の時はこれくらいのスコアでもそれなりの差をつけて一位になれたのに……っ!


というわけで、竜神の島でたるたひ使いを見かけたら高確率で自分です。カードネームはプロフィールにある通り。
コメントは『はるの○○まつりですよー』。『○○』にはアーティスト名の略称みたいなのを入れてます。
現在は『ツグまつり』でブタパンチ及びひので155、或いはツグさんこと片岡氏の別名義曲(フェアリーテイル、エレクトロ他)を投げています。
称号もそれに合わせる感じで。現在は勿論『おまえらみんなブタだ』で。
後に『さなまつり』『すわまつり』『ヒゲまつり』等など色々やります。当たったらお手柔らかに。
お邪魔合戦だともっと嬉しいな。


Moving OutというよりはEscapeかもしれないと思い始めた所で、本日はこれにて。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:音ゲー   こめんと:0 とらば:0

くりかえす、このぱちゅりずむ
ふっと閃いた変なフレーズを書き出す悪い癖、再び。
とは言っても全く無関係ってワケじゃあありません。何故なら、次は紅魔館のお話を書くからです。
久々に愉快な吸血鬼と本の虫、その取り巻き達が大活躍です。たぶん。


で、今回もレビューしますよ。紅繋がりってだけでの作品チョイス。ではコチラ。


作品集:74
タイトル:紅に染まる天狗~ババア・クライシス~
作者:735氏
URL:こちら

あらすじ:射命丸文なのである。

僅か10kb前後なのにこの重さ。初っ端からかっ飛ばしてますねぇ。
マイペースを極めた紫の言動がいい味出してます。いきなり鮎の塩焼きで買収を持ちかけられた際の心境とはどんなもんぞや。
それでありながら童心を失わないのがカワイイ所。でもいきなり亜空間へ放り出すのはやめてあげてね。
『風を操る』能力の真髄、繰り返されるパロディネタ、無駄に多い擬音語(後半限定)etc,etc……。
短いのにお腹一杯になれる超高燃費型短編コメディです。
最後の最後まで突っ込み所が待ち構えますので、どうぞお覚悟を。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

いてもいなくてもいいなら、いていいですか
長い事放置してしまって、申し訳御座いません。


少し前から”新作を書いている”と何度か話題にしていましたが、ごめんなさい、書けなさそうです。
……というのも、所謂季節ネタに近い作品ではありまして、しかも長編予定だったのですが。
書いていく内に、どうしても主役やそれに順ずるメインキャラ達を魅力的に書くことが出来なくて、試行錯誤の末に諦めて放置するという愚行を犯しておりました。
初めて挑戦するジャンルだった、というのは言い訳に過ぎませんが……更新が滞っていたのは、ぶっちゃけ不貞寝してたみたいなもんです、はい。
半ば発狂して書きかけの作品(50kbくらいか)を全消ししかけた時にちょいとマズいと思い、頭を冷やす事に。
冷やすったって音ゲーやりまくるだけなんですが。お陰でメンタルは完璧です。たぶん。
というわけで、書きかけの長編は一旦置いといて軽めの作品をひょいひょい書いていこうと思います。
一ヶ月以上新作を発表していないという体たらくは流石にアレなので、なるべく早く書きます。
自分の作品を楽しみにして下さっている皆様(いるかどうかは聞いちゃだめ)、どうかもう少しだけお待ち下さいますようお願い申し上げます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:2 とらば:0

ひなまTSURYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYッッ!!!!
ひなななな……と思ったら雛祭りも後三十分もありません。
駆け足で行きましょう、今回ご紹介する作品はコチラ。くるくる。


作品集:96
タイトル:優しい雛ちゃん
作者:くーぴー氏
URL:こちら

あらすじ:とっても優しい神様、雛ちゃんのおはなし。

絵本化決定。
さあ出版社さん何やってんの、他社にとられる前に許可もらいに行きなされ!
―――なんて言いたくなる、優しさに溢れたお話です。
ゆったりと、読み聞かせるように語られる人と神様の触れ合い。
この世界にも厄神様お一つ下さいよ。ホントお願いします。
世界一優しい神様の、心温まる素敵なエピソード。優しさに飢えたそこのお疲れ現代人さんにどうぞ。


……かと思いきや?
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

世界に三月がやってくる
三月ウサギって最近聞かないやね。


んでは本日の作品紹介レビューいってみませう。今回ご紹介する作品はコチラ。


作品集:90
タイトル:さて、日本刀の鞘というものは、一体何のためにあるのだろうか。
作者:喚く狂人氏
URL:こちら

あらすじ:文が履いている、あの高下駄の意味とは?みんなの風祝がそのナゾを解き明かします。

読み終えての第一声は『……えっ?』でした。きっと皆様も似たような反応をするでしょう。
最後まで読んで初めてタイトルの意味が分かるかも知れません。思わずポンと手を打つオチです。
オチの切れ味に砥石20個使い切るかのようなスタイル(モンハン基準)が特徴的な氏ですが、だからといってそこへ至るまでの内容が決してスカスカでは無いというのが凄い所です。尊敬。
ちょいちょいネタを挟んでみたりと所々で笑ってしまいます。個人的には、すっかり一部の怠け者達のたまり場というか休憩室と化してしまっている博麗神社が何だか雰囲気的にベネ。そんなヤツらを甲斐甲斐しく世話してやる霊夢の優しさが眩しい。
大きな笑いでは無く、しみじみとネタに浸りたい貴方にドゾー。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。