スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:スポンサー広告  

だめぽ
忙しさがマッハ。お陰でストレスもマッハ。
七夕ネタとか一応あるのに、それまでに今のやつ書き終わるのかなぁ。
今のやつと合わせて二本くらい書いて、それから七夕ネタのつもりだったのですが。
何が緩和されるだYO!まだ現行SS半分どころか1/3も書けてないYO!


というわけで、もう少しだけお待ち下さい。五月中がムリポなので六月上旬……いや、中旬……。
下旬は避けたいなぁ。
スポンサーサイト
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:雑記   こめんと:0 とらば:0

きっと何か賞貰える
死ぬほど忙しい時に限って、凄まじい勢いでお話のアイディアが溢れ出すこの不思議現象。
誰かこの現象について論文書きませんか?ある種、マーフィーの法則なのかしらん。


またしても空いてしまいました。ごめんちゃい。いやごめんなさい。
本日息抜きにプレイしたポップンで、3クレジット合計12曲中9曲でBAD1フルコン逃しとかやってorzしたりもしましたが生きてます。
jubeatにて2ch音ゲ板指スレの大会に参加して実力の違いを見せ付けられてorzしたりもしましたg(ry

アイシクル赤恋メリ赤インザネ赤りっぽー赤ジャンブギ赤全部エクセレントってそれなんて化け物?

さて音ゲ話はともかく。少しくらいは忙しさが緩和されそうです。少しですが。
何とか出来る範囲で現在執筆中のお話を進めたいと思う所存であります。
というかGWから五行しか書き進んでないという事実が発覚して( ゚д゚ )


頑張ります。レビューはまた次の機会にやるんだぜ。だぜ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:雑記   こめんと:0 とらば:0

何か書かないと
あうあうあう。ケロちゃんじゃないよ。
最近多忙を極めている所為かあうあう言わないとやってられません。
次回作品が全く進まない。というかGWからどれくらい進んだんだろう?
下手したら数行……あうあうあうあうあう。


ブログの更新もままならない状況ですが、待っていて下さる皆様(いるかどうかは以下省略)には、気長にお待ち頂けますようお願い申し上げるしかないのです。
五月中に……書き上げられたらいいなぁ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:雑記   こめんと:0 とらば:0

100回目ですってよ奥様
さて、昨年八月頭より始まりました、お気に入り作品紹介レビューもどき。
今回で、とうとう100回目を迎える事となりました。どんどんぱちぇぱちぇ。
相も変わらず個人的主観で気に入った作品を”どうよコレ?”と言うだけのコーナーですが、三桁に突入したとなりますと流石に感慨深いものが。
消えてしまった作品もありますが、それらに感謝と哀悼の意を示しつつ、これからも大人気な一本や隠れた名作、通好みのアレコレなんかをここで紹介していけたらなぁと思います。
記事数は101ですが、一回紹介してない回があったので今回が100本目です。


では、記念すべき100本目。いつも遊びに来て下さる皆様に感謝を込めて……受け取りやがれッ!


作品集:67
タイトル:嘘つき紅魔郷~泣きレミリアの為の紅霧異変~
作者:にゃお氏
URL:こちら

あらすじ:レミリア・スカーレットには、誰にも言えない秘密があった。それは―――

基本的に、原作へのリスペクトが無い作品が嫌われるのは二次創作界隈の常。
そして、あまりにも大きく原作設定を破壊してしまうと、読者の方を置いてけぼりにしてしまいがちです。
だが、この作品は違う。はっきり言って、原作の設定を(ほんの一箇所だけ)粉微塵に粉砕しています。
なのに、何故こんなにも面白い。絶対にあり得ない設定なのに、どうしてこんなにも自然なのか。
冒頭部分で『は?』となる事請け合いですが、読み進めるといつの間にかその設定に納得し、のめり込む自分がいます。
何より凄いのは、この作品は原作をきっちりなぞっているという事。舞台はまんま”東方紅魔郷”。
その設定で再現なんて出来るのか?それは、あなたの目で確かめましょう。
全体の雰囲気としてはコメディテイストな感じで、気張らずに読めることでしょう。
二次創作ならではのトンデモ設定。魅力的なキャラ達。そして、迸る原作への愛とリスペクト。
それらが全て詰め込まれたこのお話。間違い無く”名作”と呼ぶに相応しいと思っております。
こんな”東方紅魔郷”があってもいい。こんなお嬢様がいたっていい。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

”惰性”と言うにはまだ早い
何日空けるねん。五日間ですね、すみません。
死ぬ程忙しくて更新どころかSS書く時間も取れません。GW中盤に少し書いたっきり。
けど、これだけは。


本日、五月九日。何の日?
母の日。間違いではありません、というか世間的には正解。
しかし、当ブログ的にはもう一つ御座います。

そう、”きゃらめりぜ”開設一周年!

どんどんぱふぱふ。特に特典みたいなのはありませんが。
何だかんだで一年持ちました。忙しい時は全然更新出来なかったりもしますが、まだまだ続けられそうですので頑張ります。
という訳で、これからも宜しくして頂けましたら最高に幸せです。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:雑記   こめんと:0 とらば:0

水を操ってるイメージがあんまりない
にとりのコトよ。泳ぐのが得意そうとか、自然を愛してそうってイメージはあるのですが。
具体的に水を操るってどんなん?という疑問も。ぱっちぇさんのプリンセスウンディネみたいな感じでしょうか。
ハイドロポンプとかウルトラ水流とか出来るのかな。水不足に陥っても彼女がいれば大丈夫なのかしら。
こういった、ちょっとしたキャラ考察は留まる事を知りません。楽しいね。


なんでにとりかって言うと最近妙に暑いから水に触れたくてですね。
んで、本日のお気に入り紹介もそんな感じのを。コチラで水符。


作品集:108
タイトル:ガラス玉
作者:へたれ向日葵氏
URL:こちら

あらすじ:にとりと文。川辺で肩を並べて冷えたラムネを空ける、そんな春の一コマ。

とってもクールかつおセンチな気分にしてくれるほのぼの小話です。
実直な文章のあちこちから、まるで真夏にしゃぶるアイスキャンディのようなたまらない冷たさが伝わってきます。
特に食べ物周りの描写に只ならぬ意気込みを感じました。すんげぇおいしそうにラムネ飲むねこの娘ら。オレニモヨコセ!
ラムネの中にあるガラス玉、昔はよく欲しがって無理矢理抉じ開けようとしたっけなぁ、なんて思い出が過ぎる方も多いはず。
予想外の暑さに見舞われたゴールデンウィークの後半、このお話を読んで爽やかな気分に浸ってみては?
辛抱たまらんので明日ラムネ買ってきます。昔ながらの、売ってるかな。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:2 とらば:0

なんで更新しないの?→だって辺境だもん→そっかー
世は黄金週間だというのに更新もせずごめんなさい。まあ全然人来てないからいっか。


で、久々だというのに作品には触れず音ゲ話。
今日、ポップンにて初めてLv42を倒しました。六度目の挑戦でついに撃破、カイジュウEX。
42じゃ弱い方?そんなのかん慧音。故郷のカーチャン、俺やったよ!
喜びの余りリザルト撮影を忘れたのはご愛嬌。BAD73出てるのもご愛嬌。イントロでゲージ空なのも(ry
交互連打・階段で何とかゲージを稼ぎ、ラストの四重階段はひたすら耐えゲー。ゲージが軽いのが救いでした。
なんで辛ゲージじゃないの?
だってはちゅう類だもん。
そっかー。

ネタなんだか真面目なんだか分からん(七割ネタ)この曲、個人的に皆様にも聴いて頂きたい。動画貼っておきますのでお暇な方は是非。
にこ
つべ


さて、最後に今書いてる作品にも触れます。怒られちゃう。
結局、最も書きたいキャラでのお話が思いついたのでガシガシ書いてます。
久々に主役、なあの子。とりあえずお楽しみにして頂けるとと無駄にやる気が出ます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:音ゲー   こめんと:0 とらば:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。