スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:スポンサー広告  

走馬灯 -The Last Song-
今回の作品紹介です。読み終えた後、ふと曲名からして合いそうだと思い立ちタイトルにあります楽曲をBGMにして回想したら泣きそうになってしまったこちらの作品をどうぞ。


作品集:65
タイトル:ダイアモンド・ダスト
作者:みずあめ。氏
URL:こちら

あらすじ:死にたがる姫君と、生きたがる兎。寒空の下で。

毎晩死に行く姫とその相手に、兎は『幸せにしてやる』と言った。そんなお話。
長く生き過ぎた者達。しかしその中で、命を一つしか持たないてゐと、失わない輝夜の考えの相違が妙に重く圧し掛かります。
自分の命について軽んじているように見えて、やっぱり本当は安らぎを求めていたい。諦観しているようで、実はとっても人間臭い輝夜が印象的です。妹紅の考え方が彼女にちゃんと伝わっているのが、この二人の奇妙な友情とも言うべき関係を見事に象徴しています。
”生きなきゃいけない”人間と、”生きてきた”兎の、悲しいまでに相容れない関係。
ちょっぴり優しくて、だけどとっても意地悪な、上手く言葉に出来ない切なさの小話。肌寒い日にどうぞ。


※以下蛇足
実際に”走馬灯 -The Last Song-”を知ってる方は、回想の際”最後の最後の音”に合わせて、ラストの台詞を読んでみて下さい。
流すとなるとプレイ動画じゃないといけないのがネックですが、異様に泣けるんだコレが……。
スポンサーサイト
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

秋風幻想郷
秋風五丈原を意識したとかしてないとか。


で、長い事ほったらかしな上に新作も全然出てこなくてホントごめんなさい。
別に抱えてたモンもやっつけましたので、急いで新作を書きます。
幸い、暇があればお話の練り込みと言う名の妄想をしていましたのでそれなりのスピードで書けるかとは思います。
夏のお話が来年持越しになってしまいましたので、その分季節感のある爽やかなお話がお届け出来るかと。
申し訳ありませんが、今暫くお待ち下さいませ。


jubeat copiousにて小野隊長の新曲にメロメロ、ネコロビヤオキでした。管楽器と言えばやっぱスカよスカ。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

満員怨霊
これじゃまんいんおんりょう。


ジョーダンみたいなタイトルはさておきまして、何故かこの二日間で異様なまでに人が来て下さっている事に驚きを隠せません。
新作投稿直後くらいしか見られないようなカウンタの伸びにびっくり。嬉しいと共にどうしてなのかが少々気になりますが、まあいいや。
いつの間に有名人になったのかしら、わし。んなこたーない。
それよりも、せっかく人がいっぱいいるんだから何かしなきゃ!というワケで作品紹介でもします。
秋の色が見え隠れ(今は隠れ気味)な今日この頃、ちょっぴり飛んで冬のお話。こちら。


作品集:135
タイトル:二人ぼっちのおんぶ日和
作者:シンフー氏
URL:こちら

あらすじ:『輝夜、お前なにしてんだ?』『座ってる』『………』

輝夜と妹紅のミョーな押し問答。
会話主体で短いお話なので、読み終えるのはあっという間でしょう。
特筆したいのは姫様のキャラ。のら~りくら~り、常にどこかズレた言動に、もこたんと一緒に読者も口をあんぐり。
かと思えば真面目に感謝の言葉をつらつら語ってみたり。まあある意味ではこちらもズレてますが、数百年の因縁があるとは思えないくらいに、さっぱりで妙でなんとな~く温かな二人の関係が見られます。
惜しむべくは一部の文章に読んでいて『むむ?』と思ってしまう部分があった(個人的かも知れませんが)という事なのですが、二人が醸し出す不思議可愛い(今作った言葉)雰囲気が『まあいっか!』と思わせてくれました。
和菓子とお茶片手に読みたい、良い意味でヘンテコなお話です。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:0 とらば:0

さよならさまー
えー、先日より夏のお話を書いていたとお話しておりましたが。
その書いている最中のお話に色々不備が発覚しまして。
きちんと書き直そうとは思っていますが、それをやっていたら確実に夏どころか残暑も過ぎ去ってしまうと思われますので、申し訳ありませんがこのお話を一旦倉庫へ入れたいと思います。
楽しみに待っていて下さる方がいらっしゃいましたら本当に申し訳ありません。
急ぎ、次のお話を書きますので、もう暫くお待ち下さいませ。


せめて待たせただけの面白いお話を書けるよう頑張ります。短いですが今回はこれにて。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

久々にしたくない
作品紹介なんかもしたいのですが、私生活と現行作品の兼ね合いでなかなか時間がギリギリ。
とは言え人は結構来て下さるのでせめて更新しなきゃ。
というワケで、今ため込んでるアイディアの話でも。


さて、常にお話のアイディアは供給過多、時間は圧倒的に足りないワタクシ。
長編アイディアも着実に溜まっておりますが、長いのは書くのにも時間がかかる。
今書いてるやつは出来たら今週末、遅くとも来週末には発表したい所存です。
そちらは投稿してからのお楽しみとして、今回はその次の作品について。
書きたいお話、書けるお話、チャレンジなお話などいっぱいため込んでおりまして、どれかいっこ拾い上げるのが難しい。
なので、ちょっと候補を並べます。どざーっと。

・大こぁ。いつもの感じですが、今回は秋らしいお話で外を駆けずり回ります
・大こぁその2。仲良し名無し組の、出会いのエピソード
・大こぁその3。こぁメイン。何というか”ナナシノダイチャン”の続編とも言えるかも
・大こぁその4。デソパユソユソ。だけどストレートなお話
・大ちゃん。彼女が出会ったのは、それはそれは大きな……
・大ちゃんその2。彼女が手にしたのは、それはそれは物騒な……
・大ちゃんその3。大・はぁど的アクション活劇?
・こぁ。とあるお話のパロディとなっております。コメディ風
・にとひな。短いというか起伏の少ないお話になりそうな予感。ドがつく程のストレート。おつまみ風
・永遠亭(姫様とうどんちゃんメイン)。久々に姫様が大暴れ
・メルラン。お菓子がキーワード?
・メルランその2。やっぱり甘い関連。こっちはコメディ
・パチュリー。コメディです。小悪魔やおぜうさまが右往左往、”ぱフォーマー”に近い
・ルーミア。夏の方が良かったかもしれないけどあんまり問題ナシ。虚無感が漂うお話かも?
・アリスと上海。上海メイン。過去話ちっく
・アリス。ぶっ壊れコメディ、だと思う
・パルスィとヤマメ。ぱるちゃんが何かを調べに行きます
・パルスィとヤマメその2。今度は二人で何かを探しに行きます
・こまっちゃんと○○○。コメディリリーフだった死神さんがとうとう本気を出します
・さくやさん。コメディ風。頭のおはなし

で、こっからは↑より長くなりそげなお話(要は長編)のアイディア。

・大こぁ。ネコロビヤオキ史上最大のシリアスストーリー、だと思う
・大こぁその2。これもなかなか真面目、だけどファンタジー。大ちゃんメイン
・大こぁその3。こぁメイン。湖にまつわるナゾのお話
・大ちゃん。朝起きたら……
・プリズムリバーと○○○。あーゆーれでぃ?
・プリズムリバーと他いっぱい。”MWO”や”ムービースター☆”系列のお話
・キャストはヒミツ。とあるシリーズのパロディ
・おりんりんと地底の愉快な仲間たち。地底よいとこ一度はおいで!
・みんな。Ready set…… S T E P !!


つかれた~。今回は自重せずいっぱい書き連ねました。
これでもまだ半分より少し多いくらいでしょうか。季節的に出来無さそうなもの(舞台が夏、冬等)や、まだ案が固まりきっていないものは除いてあります。
要は、次これ書け!って言われたらオッケーイ!って感じで書き出せそうなアイディアの羅列です。
なんか気になるのあったら是非言って頂けると助かります。いつしか、自分に姫様とうどんちゃんの組み合わせを教えて下さったどなたかのような方が現れる事を信じて。
あくまで”参考”ではありますが……とりあえず今は、現行作品を何とかします。
頑張れば前回作品から一ヶ月以内の投稿。前はこれが当たり前だったんだけどねェ……。
久々に達成出来た、なんて状態にはしたくないので頑張ってペース上げていきます。
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SSについて   こめんと:0 とらば:0

post-girl in a hat
『この手紙もまた読まずに、捨てちゃうんでしょ?いつもそうなの、おばかさん』

いくら想っても届かない、そんな切ない想いを歌にするのもいいですけれど。
やっぱし誰かのコトを想うのであれば届いて欲しい、伝わって欲しい、そして応えて欲しい。それが人情。
手紙は人のココロの具象なのですヨ。郵便屋さんは言わばハートプレゼンター。そんな作品書いたっけ。
自分はやっぱり、お手紙に乗せた想いがきちんと届くようなお話を書いていきたい。だって寂しいじゃない。
悲し泣きより嬉し泣きの方がいいじゃないですか。


で、なんでそんなツラに似合わん乙女ちっく電波を飛ばしているのかと言いますと、そんな感じのお話を紹介するからです。
この作品をオススメする自分の想い、届くかしら?んではこちら。


作品集:110
タイトル:みこめーる
作者:まりまりさ氏
URL:こちら

あらすじ:幻想郷に電波塔が立ちました。そうして生まれた試作品の携帯電話が繋ぐ、二人の巫女のココロモヨウ。

あ~、相変わらずこの方の作品は可愛い。ドがつく程の癒し系です。
わくわくしながらメールを待ち、ちょっと来なければおめめうるうる。お夕食の買い物に行くような手軽さで紅霧異変を解決したのと同一人物とは、俄かに信じられません。
そんな彼女を敢えて何も言わず見守ってやる紫様のオカンっぷりがこれまたグッド。いい親子だよ君達。
作品自体は非常に短い物ですが、オンナノコの可愛らしさが濃縮された実にキュート&ハーティなお話です。
短い時間で読めますので、まだの方は是非。特に癒しを求めるそこのお疲れお兄さんにオススメ。
女の子たちを繋ぐココロのBroadbanded。実に素敵。でもやっぱり、目の前の笑顔が一番のメッセージですよネ。

9月1日!はっぴーばーすでいとぅーみー!('(゚∀゚∩
かいたひと:ネコロビヤオキ
かてごり:SS紹介   こめんと:2 とらば:0

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。